事業を営んでいると審査に通りやすい?

プロミスには、通常ローンとおまとめローン、借り入れローン、レディースローン、自営業カードローンがありご自身の状況や希望融資額によって、利用するローンは異なります。

基本的にどのローンを選択しても決められて条件の元、所定の審査方法により審査を行いますが、プロミスでは、自営業カードローンの審査は、少し変わるようです。

自営業カードローンと言う事から収入証明書や事業内容を知る事が出来る書類の提出が必要になります。

自営業カードローンでは、早い審査結果の提示と即日融資を売りにしており、自営業の方がプロミスから借り入れを申し込むのは、急な資金が必要だと配慮されています。

実は、この自営業カードローンは、資金の用途は問われる事は無く、例えプライベートでの資金であっても自営業を営んでいる人であれば審査を行う事で融資を受けられる場合があります。

一般的に個人と自営業者を比べてみると、自営業者の方が収入が安定していると判断され社会的信用も高い事からプロミスでも自営業を営んでいる人が審査に通りやすいと言われている理由だと思います。

事業を行っていると販売や仕入れ、従業員へ給与など、多額のお金が必要になります。経営が安定していれば販売による多額の収入が見込まれ仕入れや従業員への給与など問題無く支払う事が出来ますが、今の不景気の世の中、いつまでの経営が安定するとは限りません。

経営状況が悪くなり収入が減ってくると仕入れや従業員へ給与を支払う事が出来なくなる事から解雇により人員削減、最悪倒産するケースもよく目にします。

こういった自営業者のためにプロミスの自営業ローンは、急いで資金が必要な場合に審査・融資共に早いので、自営業カードローンをおすすめします。

ただ、くれぐれも注意しておきますが、自営業カードローンは、あくまで自営業を営んでいる人が対象であり、会社勤めの人は、申し込みを行う事が出来ません。

しかし、通常ローンでも収入証明書を提出する事で限度額50万円が最高で300万円まで借り入れする事も出来ます。

自営業の方でも借りれる可能性の高いモビットも確認してい見るとよいでしょう。

良いイメージのなかったキャッシングを私も利用しています

私自身はキャッシングに対してあまり良いイメージを持っていなかったので、有名人がキャッシングのCMをしているのを初めて見た時にはものすごくびっくりした記憶があります。キャッシングと聞くと消費者金融、高金利、雪だるま式に借入が膨らむ、取り立て、自己破産という一連のイメージがあって、絶対に手を出してはならないものと心に決めていました。

しかし、社会人になってからは周りのみんなが普通にキャッシングに手を出しているのを知り本当に驚きました。特に実家を離れ一人暮らしをしている友人たちは給料日前になると1万円や2万円という単位でキャッシングしては給料日に返済するということをしていました。キャッシングしてもすぐに返済すれば金利もほとんどつかないようでしたし、私が給料日前に実家の母親に「給料日になったら返すから1万円貸して」と言っているのと変わらないんだなと感じました。

そんな風に良いイメージを持っていなかったキャッシングも一人暮らしを始めたら利用しはじめました。初めは親に電話して振り込んでもらおうかどうしようかかなり迷ったのですが、初回キャッシングなら1週間無利息というキャッシング会社ノーローンがあったため数日後の給料日に返済できるという確信のもとお金を借りてみました。自動契約機で契約したのですが、かなりドキドキしながら行きましたが拍子抜けするくらいにあっさりと審査も通りカード発行。そのままカードによるキャッシングを行いました。あまりにも手軽にお金が借りれたことに少し怖くもなったのですが、すぐにお金も返済出来るのだからと思い数日をしのぎました。もちろん給料日には即返済しましたが金利もつかず借りたお金をそのまま返すだけで本当にオッケーでした。

その後もどうしても給料日前になるとピンチになることが多く、2,3万円をキャッシングしては給料日に返済するということをしています。CMでも言っていますが「ご利用は計画的に」ということで、きちんと返済出来る目処があるのであれば、非常に便利なサービスだと思います。

プロミスキャッシングは最高融資額が借りられる?

プロミスのキャッシングにおける最高限度額は300万円です。

そのため何らかの目的にプロミスのキャッシングの最高額を利用したいという方もおられるかもしれませんが、初回の申込みにおいて融資限度額が300万円になるという事は比較的ありません。

比較的ないというよりも、どこの金融業者でも初めての融資の利用には、申込み内容のみの審査によって融資の可否が決められ、融資額も決まります。

そのため、しばらく借入状況や返済状況等を確認して信用性をみてからの融資の増額はありますが、申込み時点でいきなり融資商品の最高限度額の利用をさせる事はありません。

又貸金業法に基づき消費者金融業者の融資は、申込者の年収の3分の1以内の範囲内でしか融資はしてはいけないと決められています。

ですので、それに伴い融資額を300万円にする場合、年収は普通に考えて900万円ある方でなくては300万円の融資はできませんので、初めての利用で尚且つ年収が300万円という場合の方なら、その3分の1の融資額は100万円以内になりますので、300万円いきなり融資してもらう事等不可能なのです。

勿論、年収が900万円あるという方でも何らかの問題性がある方の場合の申込みはプロミスでも融資はできません。

逆に収入が300万円前後でも、おまとめなどを目的とする借金返済のための融資を希望する場合は、話が違ってきますし法律上でも問題なくなりますから、そうしたおまとめの場合の融資では審査も申込み者の属性により可決します。

又勿論おまとめの場合は、300万円の他社の借金をプロミスのおまとめ融資300万円で返す事が可能となりますし、ひとつにまとめる事が出来る場合も十分にあります。

しかしながらおまとめローン等の借金返済の負担を軽減させるための融資商品以外で、プロミスキャッシングの最高限度額を融資してもらうには、先に紹介するように年収が900万円以上なくてはいけません。

また初回利用の場合は、いくら属性の良好の方でも50万円が最高となりますので、始めて申し込んでいきなり300万円の融資を依頼する場合は、属性レベルにもよりますが、もしかすると審査も否決してしまう可能性もあります。

ですから、初めてプロミスを利用する場合は、借金をまとめる目的以外のキャッシングに関しては希望額も50万円以下で申込みをする事がお勧めです。

キャッシングするときはまずは無利息期間のあるプロミスもしくはレイクの審査を受けてみたほうがよいでしょう。

住宅ローンを組む方法

リーマンショック以降、住宅ローンを組むのが難しくなっているようです。例えば、同じ年収額でも、夫1人だとダメだけど、夫婦共働きの場合は借りれるということもあるようです。

そのため、うちは住宅ローン審査を受けて、ローンが始まるまでは、夫婦共働きをしました。本当は早く子供が欲しかったですが、期間限定だと思い我慢しました。その甲斐あって、共働きをすることで、信頼が得られたのか、ローンの金利優遇もありました。

正直、夫婦共働きは大変でしたが、長期ローンになりますので、金利優遇を受けられる効果も大きいです。

家を買うことを検討している人は、結婚してまだ子供がいない共働きをしているうちに、目処をつけておいた方が良いと思います。

お金を借りる怖さを十分に理解して借り入れを検討しましょう。

お金を使いすぎた日は財布の整理

年が変わるとあっという間にセールが始まり、ついついいろんなものに目移りしてしまいます。

そして、安いものをつい買いすぎて、お財布の中身がレシートだらけになったときは、

家に帰って必ず財布の中身を全部出して、入れなおします。

というのも、セールで買い物をした後は必ずレシートで財布がごちゃごちゃになり、お札すら見えなくなるほど汚くなるからです。

汚い財布にお金は入ってこないと言うのを聞いたことがあって、それ以来レシートが嵩張ったときは必ずお財布をすっきりさせます。

お金が減ってすっきりという悲しい事実も目の当たりにしてしまいますが、

レシートなども捨ててキレイになったお財布を見ると、セールで買いすぎた自分への反省にもなります。

カード類も見直す機会になり、またお財布を大事に使おうという気になります。

今日の日記 雪かき

今日の札幌は相当さむい。氷点下もさることながら、雪の多さが目立つ。ここ数年、雪が少なかったから、雪かきもおおいとしても楽だったけれど、昨年は降った雪が根雪で、

そのままつもったら2メートルだったの。

これには、人々もこまるのです、この初雪で、一週間の間に冬支度をします。

タイヤをスタットレスにしたり、灯油の契約をしたり、ストーブも掃除にだしているものをもってきてもらったり、漬物や、雪が降ってあるくとき買い物が面倒だから、通信販売をしてみたり、服やさまざなましたくをするんだけれどね・・

降ってつもって、朝は一時間はやくおきる。そして、おきたら雪をかいて・・・

それがおわったら玄関なら人間の通る道をつくって、みちまでいって、どんどん主婦のママさんダンプで〔ゆきを捨てる道具の名前です。〕雪をもって、車のエンジンをかけ、その間に朝食の準備をして、そうやって出かけるのです。。

 

業者から見たカードローンの将来性

業者から見たカードローンの将来性の1つ目はメガバンクのカードローン事業と、メガバンク傘下の大手消費者金融会社カードローン事業の統合です。

現在、2つのメガバンクは傘下に大手消費者金融会社を持っています。

従って、メガバンク本体のカードローン事業と傘下のカードローン事業は全く重複している訳です。

つまり、メガバンクが調達した資金は本体から直接カードローンとして顧客に融資されているだけではなくて、メガバンクから傘下の消費者金融会社に融資されてカードローンして顧客に融資されている訳です。

従って、同じ資金が2つのルートから融資されていることになります。

しかも、顧客から見た場合、メガバンク本体のカードローンと傘下の消費者金融会社のカードローンは殆ど同じローン商品と言えます。

厳密に言うと、メガバンクのカードローンの適用金利が少し低く融資の上限金額が少し大きいに過ぎません。

そして、その分だけメガバンクのカードローン審査が厳しくなっているのです。

従って、両者のローン商品としての違いは、実質的に殆どありません。

つまり、将来的にはメガバンクの持株会社の下に銀行と証券などがぶら下がっている様に、消費者金融会社がぶら下がる形が自然な形と思われます。

従って、メガバンクの個人向け無担保カードローン事業と、傘下の消費者金融会社がの事業が統合されることが予想されます。

業者から見たカードローンの将来性の2つ目は、カードローンの適用金利の二極化です。

昨年の国会で「マイナンバー法案」は廃案となりましたが、国民総背番号制であるマイナンバー制への移行は必要と思われています。

現在は税金・年金・健康保険・運転免許などで別々の番号が使われており、世界の先進国家の中でも珍しくなっています。

これらを1つのマイナンバーに統一することで、様々な事務的なメリットがあることは明らかです。

只、個人のプライバシーの保護との兼ね合いで反対意見もありますが、マイナンバーが実現する可能性は大です。

その場合は、カードローン審査は本人確認だけで簡単に終わりますから、マイナンバーで審査が終わった顧客の金利は引き下げられる可能性が有り得ます。

 

 

障害者が運営するパン屋さん

家の近くに、特別支援学校高等部を卒業した知的障害を持つ人たちが中心となって運営しているベーカリーがあります。ここのパンが安くておいしいので、パン好きな私はよく買いに行きます。くるみ・玄米・ごま・胚芽・レーズン・ライ麦・コーンなど10種類の甘くないパンとあんぱんがあって、かめばかむほど深い味わいなのです。価格は全部1個100円とメンバーが計算しやすいように設定されています。オープンして2年ほどですが、地域の中にすっかり溶け込んで、皆さん気軽に立ち寄っておられます。メンバーもいつも生き生きと楽しそうで、お客さんとあいさつしたり、ちょっとおしゃべりしたりとふれあいも大切にしながら働いています。こんな風に地域と密着した形で障害者の作業できるところがあるのはいいですね。

業者から見た事業者ローン

もともと、銀行や信販クレジット会社や消費者金融会社から見た場合の事業者カードローンは、儲かるローン商品というイメージです。

何故なら、事業者カードローンの1件当たりの融資上限額は、一般の個人向けの無担保カードローンの融資上限額の数倍から数十倍のケースが多いからです。

また、一般の個人向けのカードローンは無担保で無保証ですが、事業者ローンは不動産担保付や有価証券担保付や保証人が付く場合がありますから貸し倒れは非常に少なくなっているのが特長です。

従って、事業者ローンは確かに件数は少ないことは事実ですが、一般の個人向けの無担保カードローンよりも遥かに儲かるカードローン商品というイメージなのです。

そして、事業者カードローンのもう一つの側面は、事業者カードローンは貸金業法の総量規制の対象外ということです。

従って、自営業者や個人事業主は、事業の仕入れ資金やつなぎ資金として短期的な資金需要があるのです。

また、事業者向けカードローンには不動産担保ローンと有価証券担保ローンの2種類が取り扱われており、担保金額によっては融資額が億単位になることもしばしばあります。

この様な担保付の事業者カードローンは、一部の銀行と消費者金融会社が取り扱っています。

また、事業者向けの無担保無保証のカードローンは、大手信販会社や大手消費者金融会社が取り扱っています。

只、事業者カードローンでも無担保無保証型の事業者カードローンは個人向けカードローンと殆ど変わりませんが、有担保の事業者カードローンは適用金利も低く設定されています。

今後、不動産市況が回復に向かえば、不動産担保付事業者ローンは増える傾向にあると言えます。

只、現状に於いては不動産市況が低迷しているため、担保の不動産の評価額は時価の半分程度で非常に厳しい査定となっています。

従って、今後は担保不動産の査定と、融資の適用金利を引き下げれば事業者のニーズは高まると思われます。

学生専用の業者から見たカードローン

学生ローンもレディースローンと同様に、もともと、採算の良いローン商品でした。

それは、学生ローンの貸し倒れ比率が、一般のカードローン商品より低いからです。

学生はアルバイトをしている学生を含めてもお金に余裕はありません。

しかし、学生の親や家族はお金に困っている訳ではありません。

特に、有名大学や大学院に子供を進学させている家庭の所得は、平均を上回っていることが多いのです。

従って、学生ローンの貸し倒れ比率が、一般のカードローン商品よりも低くなっているのです。

ところが2010年の貸金業法の改正で総量規制が導入され、前年の年収の1/3を超える融資は禁止されました。

従って、アコムや学生専用のカードローン業者は対応に苦慮しています。

その結果、大手消費者金融会社の場合はカードローンの融資の対象者は、20歳以上65歳以下の定期的な収入がある人ということになっていますから、学生であってもアルバイトなどで定期的な収入がある人の場合は通常のカードローンの顧客と同様に融資を継続しています。

しかし、問題はアルバイトなどで定期的な収入が無い学生の対応です。

現実はこの様な学生に対しては実質的に融資を中止している消費者金融会社と、融資額の上限を30万円~50万円に抑えて融資を継続している消費者金融会社に分かれています。

そして、消費者金融会社から見たもう一つの学生の見方は、社会人予備軍である学生に対する将来の期待です。

つまり、学生は将来、一流企業のビジネスマンや公務員になる可能性があります。

つまり、消費者金融会社にとってアルバイト学生は、数年後は最優良顧客になる可能性があるとも言えるのです。

その意味で学生を何とか自社のカードローンの会員にしておく意義はあるのです。

そして、高田馬場や御茶ノ水などの学生街で営業している学生専用のカードローン業者は、学生ローンそのものを利益を出すビジネスとして捉えています。